Accelerated Mobile Pages(AMP)の計測方法を理解する

Google AMPはグルメ分野では普及してていて食べログ、ぐるなび、HotPepperの大手3社全てが導入している。Google AMPによる優遇は中小サイトでは受けられないが、高速化メリットだけでも導入する価値がある。一方AMPでは二重計測されたり離脱率が上がるアクセス計測の課題がある(あった)。

グルメ分野でのAMP導入と大手サイトの優遇

スクリーンショットの例ではモバイル環境で「東京 パンケーキ」で検索している。食べログの東京のパンケーキ一覧からリンクされた各店舗がAMP化されていて検索結果にカードで大きく表示される。これは食べログ、ぐるなび、HotPepperに認められた優遇措置。羨ましいが食べログのAMPページは通常ページと遜色ない表現度で導入コストを考えれば妥当なご褒美だろう。

WordPressでのAMP化

WordPressならプラグインを利用して簡単にAMP化できる。個人的なおすすめはAMP for WordPressの方。

AMP for WPはAutomaticなど大手各社が開発しているが関連ページの表示がないなど簡素でリファレンス的な実装。AMP for WordPressの方がメニューの実装含め表現力が高い。どこまでこだわるかによるが初期設定とCSSの調整くらいなら1-2日でAMP化できる。

AMPでのGoogleAnalytics計測問題

だんだん解消されてきたがAMPのアクセス計測にはいくつか課題がある(あった)。別ドメインにキャッシュする構造上AMP→非AMP版へ画面遷移する際にCookieが引き継がれず別セッション(別ユーザー)扱いになってしまう。

具体的にはアクセス解析上、以下の影響がある。

  • ユーザー数、セッション数、直帰率が不自然に増加
  • セッションあたりのページビュー数とセッション継続時間が不自然に減少

例えば直帰率が90%とかになって「AMPにすると直帰率上がるからなー!」という誤解に繋がっている。

▼AMP導入で下がったPage/Visitの例

計測の問題は徐々に改善されてきているが自動ではやってくれず追加設定が必要。

担当サイトでもClient ID API を設定することで正常な計測になった。ポイントは非AMPサイトのトラッキングコードでuseAmpClientId=true記述を追加する点だ。AMP側ではなく既存の非AMP版の計測コード変更が必要な点は見落としている人も多そう。

gtag(‘config’, ‘UA-XXXXX-Y’, {‘use_amp_client_id’: true});

useAmpClientId=trueの検証

Google AMP Client ID API を設定する – アナリティクス ヘルプに書いてある通りだがjs最適化プラグインを入れているとキャッシュされていたりトラップが多い。技術者ではない個人ブロガーさんなんかはやれないのではないだろうか。

Google Search ConsoleのCSVが文字化けする件

エクセルで開いては「また文字化けしてる!」を繰り返すこと幾星霜。いい加減原因と対策を調べてみた。結論から言うとGoogle Search ConsoleのCSVはUTF-8。エクセルはCSVをShift-JISのつもりで開くので文字化けする。

CSV文字化けの対策

以下のいずれかの対策で文字化けせずにエクセルで扱えるようになる。

  • テキスト中の,(カンマ)を\t(タブ)に変換してエクセルに貼り付ける。
  • メモ帳やエディタで開いて名前を付けて保存、あるいは複製して新規保存する際にShift_JIS or ANSIで保存する。
  • 拡張子を.txtにしてエクセルで開き「テキストファイルウィザード」のオプションで文字コードを「Unicode(UTF-8)」にする。

 

長距離歩くと小指が痛くなる件

昨年アシックス ウォーキングを導入して2足目を購入するほど気に入っている。「あれは、いいものだ」と触れて回りたいくらい。

普通の靴で一日10kmくらい歩き続けていると皮膚が厚くなってきたり指が痛くなってくる。これはサイズが合っていない靴だと指が遊んでいて踏ん張ろうとするから。アシックスウォーキングだと店舗で3D測定して足型にあった靴を勧めてくれるから安心だ。

とはいえ一日20km近く歩くと小指の痛みが出てくる。これは私の指の形的に小さな面積で接地していて力が集中しやすいのではないか、ということで解決策を模索中。

仕事の関係でランチがラーメンの機会増えているのだが体重は半年前より5kg以上落ちたままキープできている。良い傾向だ。

ビアガーデンのアクセス傾向

最近仕事でビアガーデンのサイトをやっている。みんなのパンケーキ部をヨコ展開した「みんなのビアガーデン部」がそれ。ビアガーデンというWEBサイトは特有のアクセス傾向があって興味深い。

1.短期集中の季節変動
ビアガーデンは678の三ヶ月のみアクセスがある典型的な季節物サイト。

2.面白いくらい気温連動
暑ければアクセスが増えるし雨が降れば減る。前日のアクセス数と数割違うこともザラ。ただし8月の方が暑いのに7月の検索ボリュームが2倍ある謎。梅雨が明けて一気に暑くなる→ビアガーデン、という図式?

3.17時頃アクセスのピークがある
普通のグルメ系サイトでは昼にピークがあって午後一旦落ちた後に23時くらいまでなだらかにアクセスが増えていく。ビアガーデンの場合、17時頃昼より大きなピークが一回ある。会社からアクセスしている層が多いことが伺える。 そういえば昨年森のビアガーデンへ行った時の記事もUPしなければ。

今日から花火大会の観覧指定席が当るキャンペーンもやっているのでよろしくお願いします。詳細はこちら→ みんなの花火大会2014

モエナカフェにハワイ系パンケーキ店の課題を見る

ハワイ系パンケーキの新店、モエナカフェがオープンした。早速行ってきたがなかなか差別化が難しいなと思った。人ごとながらone of themとして埋もれていく危険性がある。

モエナカフェ原宿のぐるぐるしたアレは激甘!!

ハワイ系パンケーキ店とその特徴

まずハワイ系のお店を上げてみよう。この他に海外勢としてbills、スラッピーケークス、サラベス、クリントン、オリジナルパンケーキハウス、ホノルルコーヒーなどが挙げられる。

  • エッグスンシングス:山盛りのホイップクリーム
  • カフェカイラ:山盛りのフルーツ、ホノルル・マガジン誌の朝食賞
  • シナモンズ:グァバソースのパンケーキ、ホノルル・マガジン誌の朝食賞
  • モエナカフェ(6月オープン)
  • コアパンケーキハウス(7月オープン)

今のパンケーキブームは海外勢が「世界一の朝食」「NYの朝食の女王」といったキャッチフレーズで鳴り物入りで上陸して話題作りしてきた側面がある。しかしシナモンズ、モエナカフェ、コアパンケーキハウスみな地元のグルメ賞受賞を売りにしているようにさすがにネタ切れなのだ。

流行っている感を演出する方法は幾つかあってTVに出まくったりタレント・モデルさんがしょっちゅう来ているとかまあそういう方向が考えられる。個店だと難しいが運営元が別業態からの参入組であれば媒体との繋がりもあってうまく行くかもしれない。シナモンズも表参道の裏路地、地下と厳しい条件だったがメディア露出が上手だった。参考にして欲しい。

眠いのでこの辺で。

パンケーキ本第二弾「行列のできるフレンチトースト店101」が出ました

みんなのパンケーキ部・編「行列のできるパンケーキショップ101」の第二弾「行列のできるフレンチトースト店101」が世界文化社から4月発売になりました。パンケーキ本の方は3刷10万部出ているそうでシリーズ化されたそうです。発売を記念して「みんなフレンチトースト部」を公開しました。

前回の「行列のできるパンケーキショップ101」とクレジットが異なっているのは今回は編集委員会形式になっていてメンバーの一人としてお店のセレクトとかに意見を言わせてもらった、という感じです。取材陣は1/3以上撮影に行かれたそうでお疲れ様でした。

担当部分

編集会議的なものでまず掲載候補を挙げていきますがパンケーキとフレンチトースト両方出す店結構あるのでパンケーキ店を減らした件、ブランジェリー系を割と入れた件、平井のワンモアをプッシュした件(最終的に表紙にもなったお店)辺りに反映されています。冒頭10店舗くらい扱いが大きい店があってそれの候補としてワンモアを推したんですね。実食していた強みかなと思います。

みんなのフレンチトースト部

この「行列のできるフレンチトースト店101」発売を記念して「みんなフレンチトースト部」を公開したのでこちらもよろしくお願いします。

フレンチトーストなら「みんなのフレンチトースト部」
平井ワンモア:ホットケーキ目当てで行ったらフレンチトーストが絶品だった – 原宿パンケーキ速報

行列のできるフレンチトースト101

雪ノ下立川店へ行ってきました

銀座店オープン以来仲良くさせていただいている雪ノ下さんが立川店をオープンされるということで一足先に覗かせていただきました。雪ノ下は関西を代表する分厚いパンケーキで知られていて銀座、京都、立川と店舗を増やしています。

個人的には手元に使えるフレンチトーストの写真がなかったので撮らせていただけてよかったな、と。以前みんなのパンケーキ部編でパンケーキガイド本を出させていただきましたが今度はフレンチトースト本も出るので押さえておかないとですね。

雪ノ下立川が4月2日オープン。大阪発・分厚いパンケーキで人気! – 原宿パンケーキ速報

ことりカフェ表参道が王様のブランチに出るらしい

ことりカフェ表参道へ行って来た。近年ブームの鳥カフェの1つで最近青山骨董通りにオープンした。鳥好きの店主がもっと小鳥と一緒にいられるようになりたい、とカフェを開いてしまったという経緯だそう。土曜の王様のブランチに出るらしいのでその後はしばらく混んでしまうかな?

ことりカフェ表参道

鳥カフェと衛生の話

鳥カフェの話をすると好き嫌いが分かれそう、とか臭いや糞が気になる、という反応が出る。好きな人だけ行けばいいし衛生上鳥とカフェスペースは分離されている。少なくとも私は飲食店に放し飼いな店は聞いたことがない。だいたい鳥というのは逃げたら帰ってこないもので、Twitterでは頻繁に逃してしまった事故を聞く。動物園の温室でも無ければ放し飼いはあり得ないと思って良い。

ことりカフェ表参道では

ことりカフェ表参道ではガラス張りの飼育スペースを人間が眺める形になる。「もふもふタイム」というお金を払って触れ合えるサービスについては区切られた別室で行われる。

Googleのペナルティ判別方法

他で順位変動していないのに自分のサイトの順位が大きく下落した場合、一時的なものかGoogleのペナルティなのか判別する必要がある。

手動ペナルティとアルゴリズムによるペナルティ

ペナルティには大きく分けて2種類ある。手動ペナルティかアルゴリズムかによって対応方法も変わってくる。

手動ペナルティによるペナルティへの対処

はガイドライン違反などがあった場合にWebmasterToolsに通知が来る。通常の場合違反している箇所の修正、または不自然なリンクの解除・否認などをした上で再申請を行う。

アルゴリズムによるペナルティへの対処

アルゴリズムによるペナルティを受けているかをまず確認したい。色々なパターンがあるが一時的な順位下落かは下記のフローでチェックできる。

Googleペナルティ判定フローチャート | SEOとその周辺

前段としてWebmasterToolsで手動ペナルティでないことを確認した上で
1.:site URLで検索結果が表示されない→index削除。重大なペナルティ。
2.トップページに固有な文言で検索し1位にならない→ペナルティの可能性あり
3.サイト共通の文言で検索してトップページが1位にならない→ペナルティの可能性あり
4.トップページ内の特徴的なword3つほどで1ページ目に入らない→ペナルティの可能性あり
5.順位下落が100位以内→ペナルティの可能性あり

うーむ担当しているサイトの場合5番なので重大ではないアルゴリズムペナルティの「可能性がある」という感じでしょうか。原因がわかりづらいので対処が難しいパターンですね〜。

エッグスンシングスの写真を撮ってきた

写真が必要になったのでエッグスンシングス原宿へ行ってきた。ホイップ山盛りなパンケーキがエッグスンシングスの名物。

レフ板で影持ちあげたい所だけれどまあまあな写真が撮れたのではないか。その後、年始にエッグスンシングス原宿に行列せずに入る3つの裏技という記事を書いた。今年は9連休で旅行に行っている人が多いから年が明けてからの方がアクセスは多かったと思うが「元旦から営業してるよ」という話を含めたかったのだ。

閑歳さんとか知り合いが何人かエッグスンシングスに行っているのを見て、自分が書いた記事が人の行動につながるという体験はいいものだな、と思った。

エッグスンシングス原宿のパンケーキ