Googleのペナルティ判別方法

他で順位変動していないのに自分のサイトの順位が大きく下落した場合、一時的なものかGoogleのペナルティなのか判別する必要がある。

手動ペナルティとアルゴリズムによるペナルティ

ペナルティには大きく分けて2種類ある。手動ペナルティかアルゴリズムかによって対応方法も変わってくる。

手動ペナルティによるペナルティへの対処

はガイドライン違反などがあった場合にWebmasterToolsに通知が来る。通常の場合違反している箇所の修正、または不自然なリンクの解除・否認などをした上で再申請を行う。

アルゴリズムによるペナルティへの対処

アルゴリズムによるペナルティを受けているかをまず確認したい。色々なパターンがあるが一時的な順位下落かは下記のフローでチェックできる。

Googleペナルティ判定フローチャート | SEOとその周辺

前段としてWebmasterToolsで手動ペナルティでないことを確認した上で
1.:site URLで検索結果が表示されない→index削除。重大なペナルティ。
2.トップページに固有な文言で検索し1位にならない→ペナルティの可能性あり
3.サイト共通の文言で検索してトップページが1位にならない→ペナルティの可能性あり
4.トップページ内の特徴的なword3つほどで1ページ目に入らない→ペナルティの可能性あり
5.順位下落が100位以内→ペナルティの可能性あり

うーむ担当しているサイトの場合5番なので重大ではないアルゴリズムペナルティの「可能性がある」という感じでしょうか。原因がわかりづらいので対処が難しいパターンですね〜。

Comments are closed.