RSpec本が永遠のβ化している件について

Railsでテストに使われるRSpec、結構普及していると思うんですけど確か日本語書籍が出ていないのですよね。高橋さんの達人出版会でRSpecもテーマに上げられてます。↓「RSpec-Book」が日本語化されたら買いたいと思っているのですが全然出る気配がないんです。むしろ順調に遅れている。勝手訳しちゃおうかなー。

http://www.pragprog.com/titles/achbd/the-rspec-book

高橋征義の『このコンピュータ書がすごい! 2010年版』トークセッションの速報

今年もやってきました『このコンピュータ書がすごい!』@ジュンク堂 池袋店のトークセッション。このイベントは、日本Rubyの会会長の高橋さんがジュンク堂のコンピュータ書籍の月間・年間ランキングをベースにこれはという書籍をオライリー、技評、オーム社と言った出版関係者に話をふりながら紹介する。しかも「5分でわかる2009年のコンピュータ書籍」みたいな勢いでそのまま2時間しゃべり倒す弾丸トーク(w

イベントの概要

http://www.junkudo.co.jp/newevent/evtalk.html
新春座談会 このコンピュータ書がすごい! 2010年版2009年に出たコンピュータ書ならこれを読め!高橋征義(日本Rubyの会会長、読者側代表)×コンピュータ書仕掛人(出版社側代表)

■2010年1月9日(土)19:00~ 昨年度店頭・ネットで好評を博した、あのコンピュータ書年間ふりかえり企画が帰ってきました! 1年間365日8760時間のあいだに発行されるコンピュータ書は1000点以上。その中から注目したい作品を数十冊ほど選び出し、1時間半の間に紹介し倒すというチャレンジングな企画。おかげさまで前回開催当日は会場の定員を超える多くの方々に参加していただいた上に、開催後もネットで話題にのぼったり、紹介された本の著者様から感謝のお言葉をいただく等、実に大きな反響がありました。 その声に後押しされ、今年も「このコンピュータ書がすごい!2010年版」と銘打って、この2009年に発売されたコンピュータ書を振り返ってみたいと思います。 ベスト3、ベスト10などと絞りこむのはもったいない、20冊や30冊でもまだ足りない。ベストセラーやロングセラーや話題作だけでなく、コンピュータやそれを取り巻く現在の環境・状況をするどく見せてくれる本、これまでの類書とは一味違う新しさを感じさせてくれる本、そんな見逃せない本の数々をご紹介できれば幸いです。 講演者は昨年同様、コンピュータ書を生み出す最前線で活躍されている出版社の方々と、「日本Rubyの会」会長で『たのしいRuby』などの著者(共著)としても知られる高橋征義さんです。

■年間ランキング